How to choose

チャイルドシートの選び方

POINT 1

6才未満までは必ずチャイルドシートを使いましょう

平成12年4月1日より6才未満の幼児を乗車させて自動車を運転する際のチャイルドシートの装着が法律により義務付けられており、産後の退院時から新生児用チャイルドシートを装着する必要があります。

大人が膝に抱えていれば大丈夫と考えられることもありますが、時速40kmで衝突した場合、体重10kgの子どもは約30倍の300kgに相当すると言われ、大人の腕力で支えきれるものではありません。万一の事故からお子さまの命を守るため、必ずチャイルドシートを装着しましょう。

また、法律上は6才未満までの使用を義務付けていますが、クルマのシートベルトは身長140cmを想定した設計がされています。6才以上でも身長が満たない場合は、シートベルトが首にかかってしまう危険があるため、身長が140cm相当になる11才ごろまでの着用を推奨しています。

POINT 2

安全基準を満たしているか確認しましょう

チャイルドシートは、国の安全基準をクリアしなければなりません。きちんと基準に適合したチャイルドシートは、認証マークを表示しています。
この認証マークが表示されていない「未認証チャイルドシート」は、事故の衝撃を吸収せず危険であることが、国土交通省の検証で確認されています。チャイルドシートを選ぶ際は、認証マークが表示されているか必ず確認しましょう。



エールベベのチャイルドシートは全て安全基準を満たしています。

 

ninsyou_1

上記のようなEマークや自マークが表示されているか、
購入前に必ず確認しましょう。

ninsyou_2

安全基準をクリアしている製品は本体側面などに
認証マークが表示されています。





お子さまの安全を脅かす未認証チャイルドシートにご注意!

国土交通省自動車局審査・リコール課 You Tubeより

 

エールベベのチャイルドシートは全て認証を受けています。

POINT 3

子どもの体格に合わせて選択するものが変わります

チャイルドシートは、大きく分けると「乳児用(0~1才半ごろ)」、「乳児・幼児用(0~4才ごろ)」、 「幼児・学童用(1~11才ごろ)」、「学童用(3~11才ごろ)」に分類されます(基準や製品等により、使用期間は異なる場合もあります)。

乳児用

乳児用

体重:新生児~13kg
年齢の目安:新生児~1才半ごろ

乳児・幼児用

乳児・幼児用

体重:新生児~18kg
年齢の目安:新生児~4才ごろ

幼児・学童用

幼児・学童用

体重:9kg~36kg
年齢の目安:1~11才ごろ

学童用

学童用

体重:15kg~36kg
年齢の目安:3~11才ごろ

新生児用のベビーシートやチャイルドシートを購入後、1才から、もしくは3才からのジュニアシートを購入するパターンが比較的多いです。 使用制限体重に達する、チャイルドシートが窮屈になる、下のお子さまへお下がりで使うなどが、主な買い替え理由となります。

POINT 4

車への取付方法は2種類あります

車へチャイルドシートを取付ける方法は、最新のISOFIX(アイソフィックス)取付と従来型のシートベルト取付の2種類あります。

最新のISOFIX取付
シートベルト取付

ISOFIX(アイソフィックス)とは?

シートベルトを使わず、チャイルドシートとクルマの固定金具を連結(※)するだけのカンタンでガッチリ固定できる取付方法です。 
※最後にサポートレッグやトップテザーで固定。

isofix_what





なぜISOFIX取付が誕生したの?

従来のシートベルト取付は、取付方法が複雑であったり、シートベルトの締め付けが足りずにグラグラな状態で使用してしまうなど、半数以上の人が安全に使用できていない状態でした。
金具同士で取付できるISOFIX取付であれば、誰でも、簡単に、ガッチリ確実で安全な固定ができるため、ISOFIXに対応したチャイルドシートが多く普及しています。






車に固定金具があるか確認してみましょう

2012年7月以降発売の車にはISOFIX固定金具の装着が義務付けられています。また、自動車メーカーによっては、2012年以前の車でも積極的に採用しているので、取付予定の車に、以下の画像のような金具がないか確認してみましょう。



POINT 5

自分の車に適合しているか確認しましょう

チャイルドシートは車のシート形状などによって取付ができない場合があります。また、同じ車種でも年式や型式が異なると適合するかどうか異なる場合があるので、注意しましょう。
チャイルドシートを購入前には、必ず車検証で車種・年式・型式を確認のうえ各チャイルドシートメーカーの車種別適合表で適合可能かご確認ください。

エールベベ専用
 車種別適合はこちら



POINT 5

機能で選びましょう

チャイルドシートは回転するものや、シンプルなものなど色々な種類があります。ご自身のライフスタイルに合わせて、適切なタイプを選びましょう。

<新生児からのチャイルドシート>

回転式タイプ

<メリット>
クルッとドア側に回転するので、お子さまの乗せ降ろしが便利。
日よけや、リクライニングなど多機能なものが多い。

<デメリット>
価格が高いものが多い。重量が重いものが多い。

固定式タイプ

<メリット>
シンプルで軽量なものが多いため持ち運びが楽。
安価なものが比較的多い。

<デメリット>
回転式と比べ、乗せ降ろしに手間がかかる。

<1才からのジュニアシート>

ハーネスタイプ

<メリット>
チャイルドシートと同じハーネスタイプで
小さいお子さまも慣れている。

<デメリット>
年齢ごとのモードチェンジに手間がかかる。

インパクトシールドタイプ

<メリット>
車の付替えが簡単。
ベルトを嫌がるお子さまに好評。

<デメリット>
体格の小さい子は埋もれがちになる。

<3才からのジュニアシート>

ハイバックタイプ

<メリット>
背もたれ付で寝たときもしっかりホールドする。
シートベルトが首を避けるガイドがある。

<デメリット>
ブースタータイプよりも大きいサイズ。

ブースタータイプ

<メリット>
コンパクトで邪魔にならない。

<デメリット>
3才ではシートベルトが首にかかりやすい。
寝てしまったときに頭を支えられない。

エールベベの取扱チャイルドシートは?

エールベベは新生児からのチャイルドシートは「回転式」、1才からのジュニアシートは「ハーネスタイプ」、「インパクトシールドタイプ」、3才からのジュニアシートは「ハイバックタイプ」を中心に展開しています。

新生児からのチャイルドシート

カテゴリーページへ
         

1才からの
チャイルド&ジュニアシート

カテゴリーページへ

3才からのジュニアシート

カテゴリーページへ

TOP