How to choose

1才からのジュニアシートの選び方

ジュニアシートの基礎知識

6才未満までは必ずチャイルドシートを使いましょう

平成12年4月1日より6才未満の幼児を乗車させて自動車を運転する際のチャイルドシートの装着が法律により義務付けられており、産後の退院時から新生児用チャイルドシートを装着する必要があります。

大人が膝に抱えていれば大丈夫と考えられることもありますが、時速40kmで衝突した場合、体重10kgの子どもは約30倍の300kgに相当すると言われ、大人の腕力で支えきれるものではありません。万一の事故からお子さまの命を守るため、必ずチャイルドシートを装着しましょう。

また、法律上は6才未満までの使用を義務付けていますが、クルマのシートベルトは身長140cmを想定した設計がされています。6才以上でも身長が満たない場合は、シートベルトが首にかかってしまう危険があるため、身長が140cm相当になる11才ごろまでの着用を推奨しています。

チャイルドシートモード

年齢の目安:1~4才頃

5点式ベルトまたはインパクトシールドを使用してお子さまを拘束する

1-4才

ジュニアシートモード

年齢の目安:3~11才頃

車のシートベルトを使用してお子さまを拘束する

3-7才

ブースターシートモード

年齢の目安:7~11才頃

身長140cmまでは、シートベルトが首にかかってしまう危険があるため、ブースターシートで座高を高くする

7-11才

車への取付方法は2種類あります

車へチャイルドシートを取付ける方法は、最新のISOFIX(アイソフィックス)取付と従来型のシートベルト取付の2種類があります

最新のISOFIX取付

金具で車に取り付けるタイプ

誰でもカンタンに、しっかり取り付けができる

製品詳細はこちら
シートベルト取付

シートベルトで取り付けるタイプ

適合車種が多く、価格が手頃なものが多い

製品詳細はこちら


お子さまの乗せ方は2種類あります

チャイルドシートモード時(年齢:1~4才頃)、お子さまを乗せる際の拘束方法は、5点式ベルトタイプとインパクトシールドタイプの2種類があります

5点式ベルト

肩と腰をベルトでホールドするタイプ

チャイルドシートのベルトになれているお子さまにおすすめ

製品詳細はこちら
インパクトシールド

クッションをお腹に抱えるタイプ

5点式ベルトタイプが苦手なお子さまにおすすめ

製品詳細はこちら


ジュニアシートのおすすめ機能紹介

乗せ降ろしがラクになる
「ジャンピングハーネス」

ジャンピングハーネス
ジャンピングハーネス

肩ベルト跳ね上げ機構搭載
乗せ降ろしの際の肩ベルトの煩わしさを解消
お子さまのを腕が通しやすい!
※お子さまの年齢が4才頃まで使用可能です

▼ジャンピングハーネス搭載製品はコチラ▼

ラクラク操作でスヤスヤ快適
「リクライニング」

リクライニング
リクライニング

レバーを引くだけの簡単操作で、お子さまを乗せたままリクライニング角度を調節可能
※車種により、車のシートに本体が干渉し、リクライニング機能が使えない場合があります。必ず車種別適合表をご確認ください
※リクライニング角度は水平を基準とした背もたれの角度

▼リクライニング機能搭載製品はコチラ▼

肩を拘束しない
「インパクトシールド」

インパクトシールド
インパクトシールド

お子さまをベルトで締め付けず、大きな衝撃吸収材でお子さまをサポートするため肩ベルトが苦手なお子さまにおすすめ

▼インパクトシールドタイプの製品はコチラ▼

背もたれを外してモードチェンジ
「ブースターシート」

ブースターシート
ブースターシート

背もたれを外して座面だけでも使用できるのでコンパクトで便利
成長に合わせてスタイルを選べるロングユースタイプ
※パパット2は身長125cmから、サラット3ステップは身長120cmから使用可能です

▼ブースターシートとして使える製品はコチラ▼

製品ラインナップ

1才からの
チャイルド&ジュニアシート





3才からのジュニアシート





製品比較表

※1:チャイルドシートモード時(1~4才頃)のお子さまの乗せ方。
※2:取付時に車側のシートに添わせて背もたれ角度を調節できます。取付後、角度調節はしないでください。
※3:パパット2は身長125cmから、サラット3ステップは身長120cmからご使用いただけます。
※4:サラット3ステップは、肩ベルトがないため調節不要です。
※5:カバー類を洗濯する際は、必ず弱水流モード等で洗濯ネットを使用してください。乾燥機の使用はできません。

 

TOP