エールベベの3つの安全設計思想

エールベベは長年にわたりカー用品の企画・開発を行う、
クルマを熟知した「カーメイト」のチャイルドシートブランドです。
チャイルドシートはどんなに機能が盛り込まれていても、正しくクルマに取付けできなければ
いざという時に赤ちゃんの命を守ることはできません。
エールベベでは、誰もが簡単・確実に取付できる製品開発をはじめ、
自社内の取付調査専門スタッフによるクルマへの高いフィッティング性の実現、
日本・中国の自社工場生産を行っています。

衝突試験施設

いくども実証を重ね、確かな安全を生み出す

世界基準を満たす、より高い安全性の商品を開発するために、減速式衝突試験機*を導入。
開発段階では時速70km/hでの衝突試験をはじめ、様々な厳しい条件で幾度となく妥協のない試験を実施しています。
また、国土交通省の指導の下、チャイルドシートの認証試験を実施することを認められた公正な試験施設です。
*減速式衝突試験機は、時速0km/hから急加速する加速式試験機と異なり、
時速50km/hで壁に衝突させて、実際の事故に近い状態を再現した衝突試験機です。

衝突の瞬間を徹底解析

新生児から10才までの子供を想定した衝突試験用ダミーや、衝突時の瞬間を撮影するハイスピードカメラなど多くの設備を導入。
衝突の瞬間を徹底的に解析し、より高い安全性を実現した製品開発に活かしています。

コンテンツ