私たちの30年を超えるチャイルドシートの歴史。

エールベベは、1966年に創立し50年以上の歴史を有する
カー用品メーカー「カーメイト」のチャイルドシートブランドです。
カーメイトのチャイルドシートの歴史は30年を超え、
自動車のプロフェッショナルとしての視点を大切に「安全用品」を開発し続けています。

私たちの原点

history005

創業まもなく、社長の村田が快適性を高めるために開発し
またその安全性が認められて大ヒットした「後付けヘッドレスト」が我々の原点です。
ドライバーの快適と安全を願い、新しいもの“創造-CREATE”する。
これが創業から変わらない、私たちの理念です。

カーメイトのチャイルドシートの歴史

1985

history001

“マイティ・マミー”ブランド誕生
「子供を守る強い母のように子供を守りたい。」そんな思いから始まったのがカーメイト初のチャイルドシートブランド「マイティ・マミー」。

history002

マイティ・マミー第一号 CS-1/2
「マイティ・マミー」第一号。チャイルドシート市場参入のために発売したモデル(自社製ではない)。この製品から販売方法など、様々なノウハウを蓄積していった。

1986

history003

マイティ・マミー第二号
初の自社製造チャイルドシートを発売。当時まだ、国内のチャイルドシートにはJIS規格がなく、カーメイトの技術者が初の規格化制定委員に加わっていたため、その内容が製品に反映された。

history004

マイティ・マミージュニア
初の自社製造ジュニアシートを発売。4~12才に対応し、リーズナブルな価格と法制化のタイミングも相まって市場で好評を得た。

1988

history005

ジュニアセーフティロック
シートベルトがズレない「カギ型フック」形状を新採用。車のシートから落ちない補助ベルトや約1.5kgと軽量で、片手で運べる取っ手が搭載された。

1990

history006

マイティ・マミーU
お子さまの乗せ降ろしが楽になる、手前に倒れるセンタースタンドを搭載。カバーは全てホックで取り外しできる簡単脱着。丸洗いもOKでお手入れもしやすくなった。

1991

history007

“ベアーズクラブ”ブランド誕生
クマがモチーフの「ベアーズクラブ」にブランドを刷新。子供に親しみがあり、また当時の担当者がテディーベア作家であったこともあり、クマに決定。ブランド発足時はマイティマミーとのダブルネームであったが、その後ベアーズクラブに統一された。

1994

history008

ピュアリー
カーメイト初の日よけ付きチャイルドシート。その他に4段階リクライングや、背中がムレにくい通気穴を採用するなど、後の当社製品の「使いやすさ」につながる様々な機能を搭載。

1995

history009

ジュニアセーフティ
滑らかなデザインが特徴的で、側面部分が低い形状になったことで、お子さまの乗降性が向上。座面には、熱やムレを軽減する通気穴を採用。

1997

history010

ジュニアセーフティ スリープサポート
カーメイト初の背もたれと可動式ヘッドサポートが搭載されたジュニアシート。付属のクッションで座面の高さを2段階に調節可能。

1999

history011

エールベベ”ブランド誕生
2000年4月に始まるチャイルドシートの法制化に合わせてブランドを一新。当時、カーメイトを認知している妊婦さんがほとんどいなかった。しかし、お母さんたちのブランド志向の高まりを考慮し、エールベベ(「翼 + 赤ちゃん」を意味するフランス語の造語)ブランドが誕生。

history012

エールベベ・スリープサポート
エールベベブランドとして初めて発売されたジュニアシート。車のシートリクライングに合わせてリクライングが可能。主に発泡材で校正されているため、製品重量はわずか1.7kgと軽量で持ち運びが便利であった。

history013

エールベベ・フラット&シート
カーメイト初の横向きでフラットになるチャイルドシートを発売。大切な頭部を守る11層の頭部保護構造や衝突時の反動を抑えるリバウンドディフェンサーの搭載、低重心設計など多彩な安全機能を搭載。

history014

エールベベ・シェルターン
後のクルットシリーズにつながる回転機構を採用。従来、取付不可能であった、バックル部が長い車でも取り付け可能になった「オメガリング」を採用し、当時580車種という高い適合性を実現。

2000

history015

エールベベ・シェルスイング
初めての方でも簡単に取り付けできることを目指したリクライング付きチャイルドシート。シートベルトの取付性を向上させたロックオフデバイスを搭載。2000年グッドデザイン賞を受賞。

history016

エールベベ・フルーツジュニア
「フルーツカラー」をコンセプトにしたブースターシート。メロン、ブルーベリー、ピーチ、オレンジの4色を発売。当時、その斬新なコンセプトとデザインもさることながら、画期的な展示方法も相まって爆発的にヒット。

2001

history017

加速式衝突試験機導入
結城工場内にカーメイト初の加速式衝突試験機を導入。自社で衝突試験機を導入したことで、より高い安全性の研究開発が可能となった。

history018

エールベベ・プレシールド
1~11歳頃まで長く使えるチャイルドシート。成長に合わせて3つのカタチに変形。4歳頃までは、肩ベルトを嫌がるお子さまに最適なインパクトシールドでお子さまを乗車。これにより、お子さまの抜けだしを軽減。2001年グッドデザイン賞受賞。

history019

エールベベ・プレコット
カーメイト初のベビーシート。車に取り付けるベビーシート、お子さまが眠ったまま車からお部屋へ移動できるベビーキャリー、赤ちゃんを寝かしつけるベビーラックと3通りの使い方が可能。2001年グッドデザイン賞受賞。

2002

history020

エールベベ・フィットターン
2003年施行の新基準に対応した回転式チャイルドシート。3ステップの簡単取付と、広くなったシートベルト通し部で取付性が大幅に向上。回転操作も大きなターンレバーを引くだけの1アクションで操作性も向上。

history021

エールベベ・くるっと
フィットターンを改良したモデル。商品名はいくつの候補から村田社長が「くるっと回るんだから『くるっと』だ!」の一言で決定。後のクルットシリーズの始まりであった。2002年グッドデザイン賞受賞。

2004

history022

エールベベ・さらっと3ステップ
通気性を大幅に向上させた1~11歳頃まで長く使えるチャイルドシート。頭部、背中、座面のエアーホールとメッシュカバーで抜群の通気性を実現。成長に合わせて3つのカタチに変形し、お子さまの圧迫感を軽減した新形状のインパクトシールドを採用。

2005

history023

“エールベベ”ブランドイメージ刷新
商品カラーやイメージを“パパ・ママ向け”に一新。当時、ベビー用品の定番であったやさしい色味のベビーカラーから脱却し、車の内装に合う落ち着いたカラーでチャイルドシートのファッション性を高めた。

history024

エールベベ・クルット プレミアム
お子さまの快適性を追求したプレミアムモデル。未発達な新生児の体を支える「ママの手」形状のクッションや前後自由に可動するサンシェードを搭載し、多くのママから支持を得た。2007年グッドデザイン賞受賞。

history025

エールベベ・ズット 3スタイル
新生児から7歳頃まで使えるロングユースのチャイルドシート。日本では着用義務期間(6歳未満)を1台でカバーでき、また海外でも長く使える点が現地のニーズにマッチし、国内外で人気を博す。2007年チャイルドシートアセスメントで、前面衝突試験(乳児)で“優”評価獲得。

2009

history026

エールベベ・グローバ
側面衝突性能に優れた1~11歳頃まで使えるチャイルドシート。11歳頃までお子さまの頭部や肩がシートからはみ出さないサイドプロテクション形状や11歳頃まで伸長する可動式ヘッドレストなど大きくなってもしっかり守れる機能を搭載。

2010

history027

エールベベ・クルットNT
片手回転操作を実現した新開発クルットノブを搭載した回転式チャイルドシート。高い回転操作性がママたちの評価を獲得し、ベビー雑誌のクチコミNo,1に選ばれる。その他にワンタッチハーネス調節やベビーキャッチなど革新的な機能も搭載。2009年グッドデザイン賞受賞。2010年チャイルドシートアセスメントの前面衝突試験(幼児)で“優”評価を回転式チャイルドシートで初めて獲得。

2011

history028

減速式衝突試験機導入
茨城県にある結城テクニカルオフィスに減速式衝突試験機を導入。国連基準(UN基準)の衝突試験に対応。また、国土交通省の指導の下、認可試験の実施を認められた校正な設備です。

2012

history029

エールベベ・キュートフィックス
カーメイト初のISOFIX取り付け方式を採用したチャイルドシート。ISOFIX取り付けでも起こりえる取付ミスにいち早く着目し、取付ミスを軽減する「WロックISOFIX機構」を搭載。その画期的な特長が、ヨーロッパ最大のベビーショーでイノベーションアワードにノミネートされる。

2014

history030

エールベベ・クルット3i
カーメイト初のISOFIX取付の回転式チャイルドシート。従来のモデルに比べて、よりフラットな姿勢になる「ママの手クッション“フラット”」や業界随一の大きさを誇る「ワイドサンシェード」、背面に1695個の通気穴「エアーホール」などを搭載し、大幅に進化。

2016

history031

エールベベ・クルット4i/4s
デザイン性と赤ちゃんの快適性に磨きをかけた新モデル。クルット3iに改良を加え、多彩なデザインテイストがママたちからの支持を得る。ISOFIX取付のクルット4iに加え、シートベルト取付で多い腰シートベルトの締め付け不足を軽減する「パワーアシストシステム」を搭載したクルット4sも発売。

2018

history032

エールベベ・パパット
カーメイト初のお子さまの乗せ降ろしがしやすくなる「ジャンピングハーネス」を搭載した、1~11歳頃まで長く使えるISOFIX取付のチャイルドシート。2018年グッドデザイン賞受賞。

history032

エールベベ・フラコット
カーメイト初の自社設計のベビーカー。新生児期から安心しておでかけできる多彩な特長を搭載。2018年グッドデザイン賞受賞。

history032

エールベベ・クルット5i/5s
パパットで採用された「ジャンピングハーネス」を新搭載した回転式チャイルドシート。さらに赤ちゃんの乗せ降ろしに磨きをかけました。

こだわりの日本製チャイルドシート

 

TOP