ニュース

子どもの成長に合わせて何通りもの使い方ができるので重宝しています

子どもの成長に合わせて何通りもの使い方ができるので重宝しています。
妊娠後期にはお腹が大きくなり、座る時に身体を支えにくくなるので授乳クッションをお尻の下にひいて胡座をかいていました。バランスを保ち落ち着くので出産前から愛用していました。
産後赤ちゃんの首がすわるまでは授乳の際に枕と重ねて赤ちゃんの頭をピッタリの高さに調整して使っていました。赤ちゃんも授乳中安定するので、居心地良くしていました。
身体がしっかりしてきたら、赤ちゃんと向き合って遊ぶ時にクッションを枕代わりにして赤ちゃんの頭を高くして寝かせるようにしました。視界が広がり、互いに目が合うので、ご機嫌でした。
お座りができるようになってからも、後ろに倒れることがあるので、必ずクッションの前に座らせています。転倒防止に活躍しています。
カバーも取り外して洗えるので、衛生的で安心です。